私は1998年に初来日して以来、日本と中国を行き来し、ITビジネスに従事してきました。おりしもこの1998年からの20年間というのは、IT技術が我々の生活を変革してきた時代でした。IT技術が究極的に目指しているのは、人々の生活の向上であり、人々の幸福の追求です。私はITの技術が医療に結びつくことで、人々はより幸福に、より良く生きることが出来ると確信し、このSMHCという会社を設立しました。

SMHCは2016年に産声を上げた若い会社ですが、大いなる可能性と希望に満ち溢れています。なぜなら設立当初から起業理念に賛同してくれたメンバーが国内外から集まり、高い技術力と情熱を持ち合わせているからです。
クラウドコンピューティングの技術に加え、ビッグデータ、AIが浸透しつつある今日にあって、SMHCはヘルスケア、介護、健康管理の分野で、お客様が直面している課題をIT技術で解決することを目指しています。
私たちの強みであるベンチャースピリッツと高い技術力は、お客様の課題をコンサルテーションし、最新の技術力を用いて、オンプレミス、クラウドの両面からハイブリッドなシステムを提案していきます。

SMHCはITを通して人々の暮らしを豊かにするリーディングカンパニーを目指します。

代表取締役 李 鉉道